ボーイズリーグとは

日本少年野球連盟 (愛称:ボーイズリーグ) は2013年1月内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人日本少年野球連盟に変わりました。
これは永年の頑張りが評価されたもので、当連盟では2013年を再出発の年と位置付け、さらなる飛躍を目指しています。
日本少年野球連盟のスタートは1970年。 最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで39支部、小・中学生の部併せて約741チームの大きな組織に発展しました。
ボーイズリーグは、創立以来「野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ、活発な活動を展開しています。
そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催する他、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地区大会は年間227大会にも及んでいます。

ボーイズリーグホームページ
https://www.boysleague-jp.org/

武雄ボーイズ チーム方針

スポーツマンシップ(スポーツ精神)

スポーツマンシップとは、優れた人格を身に付けるための心構えであり、スポーツを通じて少しずつ身に付ける人格的な総合力のことである。
スポーツの価値はスポーツマンシップそのものにある。

感情の抑制

どんな状況においても自制を保ち周りに対して正しい態度を保持する。
勝っておごらず、負けて腐らず次に備える。
負けた時、相手の勝利や成功をたたえそれに負けないように自分が努力する。

相手に対する思いやり

プレーヤー、ルール、審判を尊重し全力を尽くす。

スポーツとは

・強制されて行うのではなく自らが判断する。
・スポーツマンシップを守り自由にプレーを想像する
・勝利や成功を目指して競い合うからこそ多くの価値が得られる。
・努力から生まれる喜びと充実している存在の感情を得る。

チームスタッフ

球団代表 浦郷 秀雄

私たち武雄ボーイズは、この武雄で子供たちの青年育成のため最高の環境や施設、最高の指導者を集めこの武雄の地よりプロを輩出すべく設立されました。
学生野球は家族の負担も大きく子供が野球をやりたくてもやれない、そんな悩みを解決すべく多くのスタッフと企業様の支援で家族への負担を極力減らす体制をとっています。

球団副代表 井上 貴博

武雄ボーイズでは、野球のレベルアップは当然の事ですが、将来社会に出て順応できる人格を形成する場と考えております。野球というスポーツを通じて、判断力・行動力・協調性を身に付け、社会に出てからも活躍できるよう人材育成に努めて参ります。

武雄ボーイズ 監督 山下義彦

野球を通じて心身の練磨とスポーツマンシップを理解させることに努めます。さらに、規律を重んじる明朗な社会人としての基礎を養成し、次代を担う人材の健全育成を図ります。『高校で野球をしてもらいたい』との考えから、基本である礼儀、基礎体力をしっかりと身につけさせるための基本を中心に”焦らず慌てず”まず、相手に勝つ前に、自分に勝てる”力””意識”を十分にみにつける様に指導します。